スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
コード・ブルー #11
2010 / 03 / 23 ( Tue )

シーズン2もついにクランクアップ。

山下智久さん、オールアップです!
の声に湧き上がった拍手。
私は涙が出ました。
智久くんはすっきりとした、いい表情で、
白石先生に、
「ありがとう」と言っていましたね。

ほんとに頑張ってきたね。
3ヶ月、真冬の撮影、ほんとにお疲れ様でした。



その最終回です。

事故現場と田所部長のオペと平行して
緊迫の場面が続き、フェローひとりひとりの
心の葛藤も現場を通して描かれる。

白石先生も藤川先生もそして緋山先生も
よくがんばったなあ。
そして耕作はまたしても親子関係の患者さん。

シーズン1の初回を思い出すような切断のシーン。
しかし耕作はあの時と違うね。
人間的に成長した医師として、患者と向き合う。
この後、この患者が辛い思いをするだろうことに
彼は心を痛めている。
シーズン1のときの耕作はそうじゃなかったと思う。
簡単に切断するのではなく
「切断します、いいですね。」ではなく、
なぜ切断するのか説明し説得しようとする。
泣く少年をみつめる藍沢の綺麗な横顔
・・・じゃなかった苦悩する横顔(スミマセン、つい)
そして父親を捜してもらい、説得する。
技術にプラスされる、この心。



白石父の妊婦さんを励ます姿や
藤川先生のなんとか救いたいという姿に
医師というのは、こういう心が初めにないと
できないものなんじゃないだろうかと、頭が下がる思いだった。
技術ももちろん大切だけど、この心が
人を救うんじゃないだろうか。
ドクターヘリは、人を救いたいと思うこの心を
最新の医療技術とともに運ぶんじゃないだろうか。


お墓参りのシーンもよかったな。
耕作は強く、そして優しく育ったね、おばあちゃん。
強いから、優しくなれるにちがいない。(ハードボイルドみたいだけど笑)
お墓に手を合わせる、耕作の横顔が、ほんと美しかった。
(私服がファッショナブルになってた。ちょっとビックリ笑)

最後のシーンもすごくよかった。
みんなで乗り越えてきた日々が目に浮かんで
こんなに逞しくなるなんて、なんだか涙がでた。
藍沢先生の脳外科の黒いユニフォームも素敵
みんな、よく頑張ってきたよね。

耕作が脳外科、心臓外科を経験して、救命に戻ってきたら
コード・ブルーはシーズン3をむかえるんだね。

耕作は、みんなは、どんなふうに逞しくなって私たちの前に
現われてくれるんでしょう。

「ひと区切りという感じで、終わらせないような作品にしていきたいな
と思っています。」


と智久くんは言ってくれました!
楽しみに楽しみに待ってるからね!
ほんとにありがとう。お疲れ様でした。



スポンサーサイト
00 : 05 : 43 | 山下智久 | コメント(0) | page top↑
<<ウィダー! | ホーム | コード・ブルー 2 #10>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。